ネット恋愛のその果てに…
ネットから始まるレンアイ放浪紀。&エッセイ。


*このブログについて


lakiss



*最新のエントリー




カテゴリ


葉菜 (28)
xx (20)
Last kiss (2)
ネットから始まる恋・終わった恋 (24)
Last Love (7)
ネット恋愛の光と影 (35)
恋愛について (151)
lakissから (18)
足跡はこちらへ (1)
リンクについて (1)
【覚書】メモ (0)
明けても暮れても (1)
紫苑:残り香[05.01~06.09] (53)
紫苑:同棲日記 (38)
ネット恋愛のその果てに[05.01~06.09] (40)
Noa (2)
Ruka (0)


トップリンク様




最近のコメント




ありがとう

Tootal/Unique





カレンダー


プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -




Google フリー検索


WWW検索 ブログ内検索



全記事(数)表示


全タイトルを表示

Youtube音楽PV集




presented by Youtube音楽PV



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
恋愛
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
16位
アクセスランキングを見る>>


2017.02.22  N/A <<02:50


10年も前の、たった数週間。
愛された痕跡はあるのに、愛した記憶が甦らない…。

そう、僕らはかつて愛し合ってたんだね。
この電脳の海の中で、互いに漂いながら。


まだLINEもSkypeもなく、
ADSLがネット回線の最速だった頃の
琥珀色の記憶。


君からコメント貰った時、
正直誰なのか思い出せなかった。

「貴方を見つけたのは10年前だもの」

なんて言われてもね。

名前を呼ばれ、徐々に甦る記憶の欠片。
だって僕の本名を知る人間なんて
数人しかいないはずだから。

海の向こうの、遥か遠い
異国の地に済む、かつて僕が恋した人。

たった数日だけど、
僕の胸の真ん中で生きた君。


うん、元気だよ。
また会えるなんて、思ってもいなかったけど。


ねえ、僕らどんな会話をしてたんだろう?
あの頃、どんな未来像を描いていたんだろうね?


ねぇ、ナミ。

あの頃と少しも変わってはいないだろ?
今の僕ってさ。

ねえ、ナミ…。





https://m.youtube.com/watch?v=QXZ3WkSNGy4






No.1106 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*0 // PageTop▲

2011.03.06   <<20:05


同棲相手が浮気認めた。
ミクシーで知り合った数人と、同時進行で
メールや、携帯でやり取りしてることを。

俺よりも優れた人がいないか?
彼女の求める条件をクリアする人がいないか?

それを捜してる最中だと。
探しし当てた上でどちらにするか決めたいって。


舐められてるよね、俺。
ただのキープだもの。
すぐ隣で電話や、メールしてるんだもの。
気づかないわけが無い。


全部否定して欲しかった。
最後まで、…せめて終わりになるまで、
嘘を、白を、切って欲しかった。
「ただの、昔からの友人だから心配いらない」ってな。




No.982 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*0 // PageTop▲

2007.11.16  Last Resort <<19:26


困ってる奴や、救いを求めて泣いてる人。
例え通りすがりでも、それを見かけたら
無視はできないよね?
話を聞くなり、手を差し出すなり、
そんなリアクションを起こすよね?

黙って、見なかったことになんかできないよね?
黙って、そのまま通り過ぎることなんて
しちゃいけないよね?

今朝方、僕がしたことって
ある意味間違ってなんかいないと思うんだ。
ただそれは、深空にとって
許せなかったことなのかも知れないけれど。


少なくとも、あの場は見過ごせなかった。
そうして拾い上げた、2匹の猫。

そうしてmixiからも三度消えた僕。


No.413 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*0 // PageTop▲

2007.01.29  いつか見た夢… <<14:10


昨年の8月にsionと終わりになって、
そのあと出会った少女がいた。

たった1ヶ月ほどの期間だったけれど
それが真実なのか夢なのか、今となってはすでに分からないけれど、
確かに僕は恋をしていた。

終わった後、すべてを無かったことにしたくて
それを認めたくない自分がいて、
彼女とのコトを綴ったブログや、彼女の存在、
痕跡さえも消してしまった。

なぜこんな心境になったのかな。
彼女の存在をココへ記したい。残しておきたい。そう思った。

それはきっと、久々に彼女の幸せそうな日記を読んで
心が暖かくなったから。
彼女が僕の存在を、否定しなかったのと
先回の恋も今回も同じアバンチュール?
そんな風に誰かに言われて、何となく腹立たしく感じたから。

だから改めて書き残そうと思った。
かつてココの読者で、sionと僕の行く末を見守ろうとしていた一人。
佳き理解者で、新しい価値観を僕に残してくれた、少女の話を。

少女の名は、和希…いつか見た夢の中の存在し、
僕が恋をした、純粋なネット上の彼女だった人。

mixiのマイミクの中で、イマカノとマエカノ。
二人が存在している、そんな状況。


No.257 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*4 // PageTop▲

2007.01.02  deepblueの君へ <<14:24


偶然なんてものは、多分なくて
すべてが必然的に起きているとすれば・・・
それは、避けては通れないもの。
避けてるつもりはなくても、向こうから関わろうと
するものなのかも知れない。


そうだね、振り回してしまったかも知れない。
僕の曖昧さが故にね、たぶん傷つけてしまったよね。
…ごめん。

deepには、「深い」のほかに(色が)濃いという意味も…
他にもね。[遠い昔の、遠く離れた][深く、ふけって]
なんて意味もある。

低彩度・低明度の蒼色の名前を持つ君へ。
別に封印なんてしなくていいんだよ。
確かに思いは69したけどね。

君は僕の鍵のひとつだった。
新しい価値観と、古き言の葉や、言葉遊びの楽しさを。
想いだけでは、文字の関わりだけでは、
生きてはいけないってことを、教えてくれたひと。

if・・距離がなかったら?僕らの関係もまた
変わっていたのかもしれないね。

lakiss とdeepblueのデアイ・・・。
出会った瞬間から、別れに向かっている。


彗星のように近くにみえた時は、綺麗な尾をみせてくれたよね。
それでも瞬間、想いだけは重なったんだ。

ありがとお。
これからも友人として、その存在を示してください。

鍵をなくしてレス付けられなかったから
ここから失礼するね。


lakiss


No.236 / ネットから始まる恋・終わった恋 // PageTop▲

2006.12.09  理由 <<20:25


ミクの足跡、最近全然つけてくれないんだね。

何時だったかそう言われたけれど、
もう自分のモノじゃないから関心もないし。

付き合っていた頃はね、
いま何をしてるんだろう?とか、
何を考えてるの?って気になったから、
よく覗きに行ったけど…。

特に用がないからね、今は。
連絡取りづらいよ。
たまに電話来ることもあるけれど、コチラからは…。

特に用件がなくても連絡できる間柄か…
それってある意味、贅沢な関係なんだよね。
羨ましいくらいに。

今じゃ理由を探さないと、連絡すらできない。


No.217 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*2 // PageTop▲

2006.12.04  P.S.「光と影を抱きしめたまま」 <<19:40


前回の日記、「光と影を抱きしめたまま」
その引用元の「言の葉」が、
実は僕らを指しているんだって、後から知ったんだ。

ならばそれに対する回答を、考えを、
改めて示した方がいいのかな。
それが「言の葉」から引用許可をいただいた
僕なりの誠意かなと思うから。


これラキのブログを読んだからじゃない?

そう送られてきた、断片的な言の葉。
引用元は、mixi内部にあるから、残念ながら
トラバをかけられないことをご了承下さい。


←and more
No.214 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*3 // PageTop▲

2006.11.15  東京タワー*6:Last episode <<00:00


雪は暖かくなると融けてしまう。
彼女が生きたのはそんな、刹那の時間の中。
名前の通り、儚く、短かくも切ない時間。

その年、雪解けはいつもの年より1ヶ月ほど早かった。
そうしてその後、二度とこの地方に雪が舞うことはなかった、
2005年の春。


←and more
No.194 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*5 // PageTop▲

2006.11.12  東京タワー*5 <<00:19


雪那とは家が近かったせいか、
「仕事終わったから、これから会わない?」
そんな電話がかかってきた。

恋愛感情があったのか、なかったのか。
今となっては定かではないし、確認しようにも
一切のデータが残ってない。

ただ会う度に。僕らは体を重ね、互いを求めた。
ファミレスで待ち合わせをし、軽い食事をとり
お城のような建築物の、その一角の部屋で汗を流した。

会話なんてほとんどなかった。
ただそれだけで時が過ぎていく。
積み重ねてあるタオルの数だけ、それが無造作に
再びたたまれる度に、何かが満たされていくような、
そんな錯覚をしてた。

きっと寂しかったんだ。
乾いていたのは、唇でもなく、喉でもない、
僕の心と躰。

バーチャルで、満たされているはずのココロに対して、
オトコとしての自我が追いついていかない。
そんな状態だったのかもしれない。

早く雪が融ければいい。そんなことを思いながら
雪那に対するキモチに、ブレーキをかけ続けた。
このコトが発覚すれば、やがて二人とも。いや全てを失うだろう。
そんな予感もしてた。


たぶんカノジョは、気がついていた。
だからこそ、あんなにもネット上の交流や、リンク。
日常の些細な関わりに、口を出してきたんだ。
と、今だからね、そう思えるんだ。




No.193 / ネットから始まる恋・終わった恋 // PageTop▲

2006.11.06  東京タワー*4 <<00:39


2時間ほど過ごしたあと、去り際に
軽く雪那を引き寄せると、そのまま唇を重ねた。

「楽しかったよ。ありがと」
そう言って別れを告げると、彼女が口を開いた。
「雪が融けるまでの期間、側にいてもいい?」
「彼女がいてもいい。あの人の元へ行くまでの刹那の間だけでもいいから」

通年、この地方は4月に最後の雪が降る。
そしてそれが、春の訪れを告げる合図だと認識していた。

いつか溶けてなくなってしまう関係…。それでもかまわないと、彼女は話した。

僕はこのとき何を考えていたんだろ?
実体の見えない、始まったばかりのもうひとつの恋。

元カノとネット恋愛をしながら心の隙間を埋め、
一方で現実のカラダの狭間を埋めようと、一時の快楽に
身を委ねようとしている。

 『きっと、恋はするものじゃなくて、落ちるものなんだ』
そんな台詞に共感する反面、

  『恋は落ちればいいってもんじゃないんだよ』
不倫される側の気持ちを代弁した、
詩史の夫の台詞が頭の中を駆けめぐる。

「寝れば好きになるかと思った」
「来年ママになります」
そんな以前の痛手から、まだ解放されてはいなかった俺。


No.192 / ネットから始まる恋・終わった恋 // PageTop▲

 Home Next>>