FC2ブログ


ネット恋愛のその果てに…
ネットから始まるレンアイ放浪紀。&エッセイ。


*このブログについて


lakiss



*最新のエントリー




カテゴリ


Lastkiss (1)
xx (20)
ネットから始まる恋・終わった恋 (24)
Last Love (6)
ネット恋愛の光と影 (36)
恋愛について (151)
lakissから (18)
足跡はこちらへ (7)
リンクについて (1)
【覚書】メモ (0)
明けても暮れても (2)
紫苑:残り香[05.01~06.09] (53)
紫苑:同棲日記 (38)
ネット恋愛のその果てに[05.01~06.09] (40)
2019,june,Final stage, (6)


トップリンク様




最近のコメント




ありがとう

Tootal/Unique





カレンダー


プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -




Google フリー検索


WWW検索 ブログ内検索



全記事(数)表示


全タイトルを表示

Youtube音楽PV集




presented by Youtube音楽PV



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
恋愛
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
15位
アクセスランキングを見る>>


2006.08.20  追憶 <<18:42


「貴方とは、住んでる場所が違うから、
遠いから簡単に会えないし、何よりも今までと違って
偶然街で会うことも、見かけることもない…。

本当だね。今日、先ほどまで数時間同じ場所にいたんだ。
お前と同じ空をみて、同じ空気を吸っていた。
でも逢うことはなかったな。

昨日急に海が見たくなった。
夜の仕事が終わると僕は、そのまま車のキーを回し
高速に乗った。首都高を抜け5時間ほどかけて、
お前のいる付近を目指した。
初めて永遠を誓い合った、あの海を眺めるために…。
暗いうちに着きたかったのに、頑張って着いたのは朝6時を回っていた。

降りたった砂浜で、持って来たシャンパンを独り開けた。
半分は自分で飲み、残り半分は思い出と共に砂浜へ飲ませた。

訪れるたびに、二人で聞いた波の音が、さらに郷愁の念を強くする。
寄せては返し、寄せては返す夜の波音だけがあたりに響く。
この音も、もう聞くことはないんだ。
そう思ったら自然に涙がこぼれた。
もう二度と会えないんだ。そう思うと・・・。

涙を必死にこらえて、その後
お前と初めて待ち合わせをした小さな街の駅を目指した。

駅に着くと、まばらな夏服姿の人ごみに紛れて、コートを着たお前が、
照れながら、ゆっくり駆け寄って来る君の幻を見た。
やがて車は自衛隊の桜通り、スーパーを抜け、いるはずのアパートへ。

部屋から見える駐車場でUターンをし、国道へ車を向けた。
ジャスコの外観や、懐かしい風景が目に飛び込んで来る。
その後、ココス、ブックオフ、カラオケ、100円の寿司屋を目視しつつ
レンタル屋方面へ。ハンバーグの旨かった店。レンタル屋。その隣のコンビニ。
100円ショップの駐車場へ車を停め、風景を目に焼き付ける。

その後10時に着くように少し大きめの市へ向かって車を走らせる。
車から降り立った俺は丸井、駅ビルを独り歩く。

初めて二人で立ち寄ったレコード屋、
リングを選んだ、アクセサリーショップ…。
記憶を辿りながら、いつか来た道をトレースする。

その後給油をしつつ、お前の職場の横を通りながら帰路についた。


嘘つき!同じ場所にいたって、偶然会えなかったじゃないか・・。

ひととおりお前と歩いた道順を振り返ったら、
気が楽になると思った。
なんだか吹っ切れた気がする。もう満足したよ。
そう思えるはずだったのに。


やっとこの恋を封印できる。
そんな風に言うために、そこまで行ってきたのに・・。
まだふっきれないや。

ありがとね。そしてさようなら。
こんなにも激しく愛した女は、今も昔も君だけだと思う。
沢山の愛を、ありがと。
おまえはオレの生活の、心の全てだった。
オレのハードディスクにはオマエとのデータで一杯なの。
それを少しずつ消していかなきゃいけないね。

ネックレスとリングも・・返そうと思ったけど
そのまま外さずに身につけてるよ。
こんなコト初めてだけどね。女除けになるし。
オマエからくる分には拒まないよ。約束通り。



Goodbye!僕の思い出。
宣言した通り、もう連絡はしないし二人の場所も更新はしない。
辛いから覗くこともないだろうし。

今日を以て、もう泣くのは終わりにする。
今後二人の肩書きは、モトカノ・元彼。
友人になれるか否か、君次第だけれど。


No.868 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*0 // PageTop▲

2006.08.17  Knock On The Heart <<14:18


今日はアパートに帰るから、そしたら電話するね
そんな連絡が昼頃あって、連絡を心待ちにしてた昨夜。
夜になり5分程会話して、僕は遅めの食事に出かけた。
戻ったらまた電話する。そう言い残して。

戻って電話したけれど、何回コールしてもでない。
深夜、あのまま疲れて寝てしまった。おやすみ。
そんなメールが入る。

そして今日、体調が良くなるまで暫くの間
実家にいることにしたからって。

実家に戻るってことは、事実上すべての連絡が途絶えることになる。
ネット上の会話やメール、電話すべての連絡が途絶えることに。

色々考えた。言葉の裏を真意を。
頭に浮かんだ言葉を飲み込んで、僕はこう伝えた。
最後に声が聞きたいから、昼休みに電話頂戴って。

あれから電話はない。
ただ上司が近くにいるから電話できないって。
今までは席を外して連絡取り合っていたじゃない。
なのに、なぜ?

起きてもいないことに対し不安になるのは
恐れることは正直馬鹿げてる。いままで色んな友人に
言ってきた言葉。けれどいざ自分が同じ場面に遭遇すると
こんなにも弱いのかって・・

ごめん、今の僕って全然いけてないよm(_ _)m


No.866 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*7 // PageTop▲

2006.08.14  voice <<02:05


一昨日の朝、キャンプに誘われたから行ってくる。
夕方には戻るねって連絡があった。
バーベキューだけして帰るからって。

夕方、酔い酔いですってメールが入り、
21時過ぎ、まだ帰れないって…。
そして深夜、ごめん泊まる。

少し話せない?って聞くと
ごめん友達いるからって・・

日付変わって昨日の朝、ごめんまだ帰れない
15時頃、これから帰るって。

夕方、ごめん寝る(どうやら自宅に戻ったらしい)
数分後、なんで電話出てくれないの?って連絡が。

いやこっちにも用はあるし、予定がコロコロ変わるお前のために
電話の前に張り付いていられないし。

そう言って携帯の電源をオフにした。
いつ鳴るか分からない電話を待つのは疲れた。
そして、今後僕も友人が側にいるときは
携帯が鳴ってもでないことにした。


大人げないって分かってるんだけどねm(_ _)m
昨日は僕も久々の休みだったから
1日話そうかと思っていたので・・


No.865 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*6 // PageTop▲

2006.08.04  花火 <<17:32


今日は彼女の地元で花火大会がある日。

昨年は1ヶ月、一緒にいたから
僕ら、二人で行ったんだよね。
早めに駐車場へ車を止め、暗くなるのを待ってた。
かき氷とビール片手に、人混みに紛れて
キスしながら夜空に咲く花を二人で観ていた

今年、僕は仕事。彼女は友人宅で花火鑑賞をしながら
別々の夜を過ごす。
僕の地元は、先の災害のあおりで夏祭りは中止。
だから、時は昨年の夏祭りから止まったまま。

あれからもう、一年経ったんだね。


No.864 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*4 // PageTop▲

2006.08.01  現実逃避 <<14:25


夜も昼も忙しくて、
中々ココを更新する時間がとれない。
夜の仕事は当面休みなしで、帰宅も04:00過ぎが多い。
でもって、昼の本業も今締め切りラッシュ・・
そんな訳で息抜きというか、現実逃避でココを書いてますm(_ _)m
週末には多少落ち着くんだけれどね。

はぁ、昨年の今頃は1ヶ月一緒に居られたのに・・
今年最後に逢ったのが5月だから、かれこれ2ヶ月は
彼女に触れてないんだね。

そろそろ限界かな、いま無性に彼女に会いたい。


No.863 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*19 // PageTop▲

2006.07.14  「さよなら」と言ったあとで... <<14:18


7.14 ブログ開設1周年。

ココでブログを書き始めてから、今日でちょうど1年になりました。
他のブログから、FC2へ移ってきた最大の理由が、プライベートモード。
要するにブログの公開・非公開を選べたって点。

バーチャル…ネット上でつきあい始めてから、1週間程で僕と彼女は
交換日記をつけ始めた。PING・トップページへの告知を
一切しない設定にしてあったんだけれど、
それでも毎日何人か訪れていて。
要は甘いときもあれば、険悪な状態の時もあるじゃない。
その全てを記録してきた場所だから、覗かれたくなかったし、
できれば隠したかった。

些細な喧嘩なんて、よくしてたからね。
でも、ネット恋愛から始まった僕らは、可笑しいかもしれないけれど
その全てを残しておきたいってキモチが大きくて、交換日記…
ブログという場で綴り続けることを選んだんだ。

「いま・・・あたしは消えてなくなってしまいたい 」
彼女のその一言を最後に、旧ブログを閉じた。
もちろん、それまでに書いた日記をFC2へ移植・削除後ね。

先日「終演」をエントリー後、激励のメッセージとか
様々な内容のメッセージを、何人かの方からいただいてます。
ありがとう。

実はあれから、何回か紫苑と喧嘩したりしながらも、時にはメール、
時には以前みたいに、メッセで話してます。
時間の折り合いがつかなくて、以前のように頻繁にって
訳にはいかなくなったけど、互いに一人の時間を増やすことで
自分のホントのキモチと向き合えたというか、考えることができたんだ。

いただいたコメント、メッセージ…。取り巻く環境。
そのすべてのコトと、自分たちの気持ちを冷静に比べた。
結果、好きなモノは好きでいいじゃん。
頻繁に逢えなくても、いや次回いつ逢えるか分からない状況でも
互いに好きだし、何物にも代え難い存在であることは確か。
遠距離恋愛から、ネット恋愛に後退したとしても、
文字と声だけの繋がりであっても、
こうして繋がっているだけでいいかって思えるようになった。

誰のための恋愛なの?誰のために恋愛してるの?
周りのため?ブログを訪れる、読んでくれている人のため?
一旦友人になるって、ココで宣言しちゃったら
それを守らなければいけないの?
それを破ることは格好悪いことなの?
そんな見えないものに、体裁に囚われるなんてアホらしいじゃない。
そんな話を何回かした。

周りは関係ないよ。わかっていたんだ…。
一旦別れてすぐ、より戻すなんて格好悪い。
そんな風に思っていた彼女。でもね、好きなものは好きなんだよ。
偽れないんだよねぇって。

身を包むすべてのコトを削ぎ落とした時、やっと見えてくるモノもある。

そして現在、何事もなかったかのように、
つきあい始めた頃のふたりがいます。
ヤキモチ妬いたり、妬かれたり。
喧嘩したり、ベタベタしたりしながら、
これからもずぅっと一緒に…。


No.148 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*33 // PageTop▲

2006.07.11  恋文 <<08:36


「もし・・もし・・・
あたし達が駄目になってしまっていたら・・・
嫌じゃなかったらメールして欲しい
あの頃の話したいから・・・・」


そんなメールが、明け方届いた
差出人は、紫苑…

遠い過去からのメッセージ


←and more
No.147 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*6 // PageTop▲

2006.06.30  ずっと愛してる <<05:38


あと数時間で紫苑がブログを閉じる・・いや休息に入るみたいだね
それをみて、僕もしばらくブログを休もうかと考えていた時、
一通のメールの存在を思い出した

今までブログ上で全く交流のない方で、
でも本人曰く、ずっと拝見させておりましたって方からの、
暖かいメールを
「女は、愛する人に幸せでいて欲しいんです。
いくら愛し合っていても、自分を取り囲む環境によって
相手の笑顔が少しでも奪われるなら、相手を想う気持ちが強いほど、
そこで「一緒に生きて欲しい」と言えない気がします。

一緒に生きたい。
でも、自分を取り囲む現実に、愛する人は戸惑いを見せている。
では、自分が進むべき道は?・・・と考えた時、
彼女が優しければ優しいほど。責任感が強ければ強いほど。
自分を抑え、周りを優先する気がする。
たとえ、そこに自分の最愛の人がいなくても・・・です。

出逢った事が運命なんだとしたら、
逃れられない現実は宿命なのかなぁって。。。」



←and more
No.145 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*12 // PageTop▲

2006.06.26  鳴らない電話 <<17:53


今までね、別れた後は必ず僕自身の
携帯のメアドを変更して来たんだ
過去は過去で、そのまま封印したいし、互いに寂しさを感じた時や、
お酒が入った時、一時の感情・いきおいで
連絡をしたくないし、されたくもない…

つきあった相手の個人情報は、全て消してきたし
思い出の品は、写真から小物に至るまで、
すべて処分してきた

それは終わった恋を未練たらしく、追わないための自己防衛
互いに戻ることのできない状況を作って
次へ進まざるをえない状況にしてきたんだ

それは僕なりの、相手に対する配慮でもあるし
ずっと、ずっと守ってきた、僕のポリシー

僕の中で「別れる」というのは、そういう意味だった


鳴らない電話なんかいらない

着信履歴のない携帯電話って、こんなにも重かったっけ?
たかが数十グラムのwillcomが、こんなにも重くかんじるなんて…
独りで過ごす1日が、こんなにも長いなんて
この1年半、すっかり忘れていた


No.143 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*4 // PageTop▲

2006.06.25  カーテンコール <<17:21


前エントリー「ネット恋愛のその果てに…[終演]」
沢山のコメント、感想をお寄せいただきました
改めて、お礼を言わせてください

ありがとうね(^^*)

初めてお会いする方、久々に話ができた方、古くからの友人…
みんなのコメントやメールを読ませていただいていたら
涙腺が脆くなってしまった・・

僕らに自らの姿を重ね、感情移入し声を殺して
共に泣いてくれたり、叱咤激励してくれたり、
別の切り口で核心をつくような感想を寄せてくれたり…
ココへのコメントを遠慮し、自らのサイトで心情を語ってくれた友や
自分の捨てた夢を叶えて欲しかった
もう一度夢を見させて欲しいって綴りもあった

ブログを始めて、こんなにもコメントやメールをいただいのは
正直、今までなかったことなのでホント感謝してます

ありがとう、僕も…いや僕らもみんなのことを愛してます

夢は見るためにあるんじゃない
叶えるためにある
その思いはまだ変わってないから


No.142 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*4 // PageTop▲

<<Prev Home Next>>