ネット恋愛のその果てに…
ネットから始まるレンアイ放浪紀。&エッセイ。


*このブログについて


lakiss



*最新のエントリー




カテゴリ


葉菜 (28)
xx (20)
Last kiss (2)
ネットから始まる恋・終わった恋 (24)
Last Love (7)
ネット恋愛の光と影 (35)
恋愛について (151)
lakissから (18)
足跡はこちらへ (1)
リンクについて (1)
【覚書】メモ (0)
明けても暮れても (1)
紫苑:残り香[05.01~06.09] (53)
紫苑:同棲日記 (38)
ネット恋愛のその果てに[05.01~06.09] (40)
Noa (2)
Ruka (0)


トップリンク様




最近のコメント




ありがとう

Tootal/Unique





カレンダー


プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2006年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -




Google フリー検索


WWW検索 ブログ内検索



全記事(数)表示


全タイトルを表示

Youtube音楽PV集




presented by Youtube音楽PV



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
恋愛
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
16位
アクセスランキングを見る>>


2006.02.26  ネットから始まる… <<19:39


最近ネット・ブログを通じて知り合った男性と
Skypeで話していた
今日は…そうだな明け方3時から11まで

最初に話した時も26時から話し始めて、
結局終わったのは07時を過ぎていた
初めて聞く彼の声、トーン、口調、ブレスのタイミング、
なんで僕の声が聞こえるんだろう?
なぜ僕が話しているんだ?

そんな錯覚に陥った

違うのは顔と血液型だけで、他のスペックはほとんどが酷似している
そんな男性

彼女が聞いたら、聞き分けがつくのか否か怪しい
そこまで似ていた

僕らはすっかり意気投合し、新たな遊びやビジネスを思いつき
実行に移そうとしている

彼女との出会いが僕にとってターニングポイントであったように
また彼との出会いで、何かが変わり始めようとしている
ネットを通じて生まれるのは、何も男と女の関係だけじゃない

男と男の友情…そんなたいそうな出会いもある

新たな遊び…それは近々告知します(* ̄∇ ̄*)


No.96 / 恋愛について / Comment*0 // PageTop▲

2006.02.25  AIDMA(アイドマ)の法則 <<04:09


消費者があるモノを知り、それから商品を買うという
行動に至るまでのプロセスで、コミュニケーションの
反応プロセスのひとつにAIDMAの法則というものがある

:Attention(注意)
:Interest(興味、関心)
:Desire(欲求)
:Memory(記憶)
:Action(行動)

かしら文字を取って、AIDMA(アイドマ)の法則と言うんだけれど

まず 広告をみる→消費者が商品に注目(Attention)
→興味をもつ(Interest) →欲しいと思う(Desire) →記憶する (Memory) →購入する (Action)

この一連の仮説、実は身近な事に置き換えられる
…恋愛や対人関係にね。商品は自分。

そう考えれば、コミュニケーションの仕方も幅も変わってくるはず


No.95 / 恋愛について / Comment*2 // PageTop▲

2006.02.21  熱下がんない <<19:03


そんなメールが彼女から届いてすぐ電話をかけた
さすがにいつもの悪たれをつく元気もない様子

すぐにでも顔を見に行きたい心境だけれど、
しばらく仕事がちがちだし、動きも取れない

時間作って会いにいくから、がんばれ
そう言うと彼女は、電話の向こうで安心したかのように
眠りについた

親父の3回忌の前に少しだけ顔をみせて来るか…


No.853 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*2 // PageTop▲

2006.02.21  過去と現在と未来と <<02:25


元カノの存在を意外と気にしてる人って多いんだなって
感じた。女性が今の彼氏の過去について悩むケースが少なくない。
それは先日のエントリーのように、過去の恋が完結していれば
問題ないんだろうけれど

僕は、終わった恋に関してはとてもドライ
冷たいと思われるかも知れないけれど、携帯メアドは変えるし
相手のデータ、痕跡はすべて消す
残っていると、何かのきっかけで連絡をしたくなるかも知れない
それにいずれどこかで線を引くのなら、早い方が良いと思うから…

だからうちのは、過去に関しては何の警戒感もない
危険だと思ってるのは、むしろこれから先…
とある計画が彼女にばれたんだ。で、少し話してしまった

彼女は一言「やっぱりそういう世界に戻りたいんだね」って
仕事の延長なんで仕方ないとは思うし、いずれ発覚するから


やろうとしたのは、ネットホスクラ

それが原因かどうか解んないけれど、あれから彼女は熱を出して
寝込んでいる…


No.94 / 恋愛について / Comment*2 // PageTop▲

2006.02.19  元彼と今彼と <<09:49


今彼と、元彼の間に揺れる女性がいた。
彼女は訳の分からぬままいきなりフラレ、現在に至る。

その後何年か過ぎた時、偶然元彼と再会した。
当時のように弾む会話。そして連絡先を交換し、一旦は今彼の元へもどる彼女。

しかし彼女の中に忘れていた何かが目覚める
当時自分は彼からどのように思われていたのか?なぜ別れることになったのか?

元彼と付き合いたいとかヨリを戻したいという気持ちは一切ない
彼には幸せになってほしいと心底思っている
ただ、聞いてみたい…確かめたいだけなんだと
当時あまりにも、愛されている実感がなかったせいなのだと彼女は言う
こう思う気持ちはおかしいのだろうか?そんな問いかけが目に入った…


←and more
No.93 / 恋愛について / Comment*4 // PageTop▲

2006.02.17  恋模様/Saint Valentine's Day <<14:09


仕事で忙しかったり
自分に余裕がないとき
好きな人をおざなりにしますか??

紫苑のこの問いかけのきっかけは、とある大手掲示板への書き込みに起因する

僕が主を務めるその板に書かれた内容…
それは、バレンタインに彼女が会いたくて彼氏の元へ行こうとしたら
断られたと言うもの
仕事忙しいと思うから、会えなくても家に持っていこうかと
そしたら気持ちは嬉しいけど、仕事が忙しいみたいで
自分に余裕がないから来ないで欲しいと言う事らしいんだ

会えなくてもチョコだけでも置いてきたい
そんな申し出さえも断るなんて、思わず深読みしてしまった僕

つまりこの男性には本命の女性が他にいて、
当日、彼の家にはその別の女性がいる。そんな読みだ

疲れている。けれど彼女が来てくれるのなら断る理由がない
むしろそんな時こそ誰かに癒されたい
そんな風に考えるのが普通だと思うんだけど、どうかな?


No.92 / 恋愛について / Comment*5 // PageTop▲

2006.02.15  Saint Valentine's Day <<13:20


だったね、昨日
その前日に彼女から何か贈ったとは聞いていたものの
丁度留守していた為、郵便受けには不在通知があるのみ
晴れて先ほど受け取りました(^^*)

手作りチョコと初めての、手書きのラヴレター

昨年は二人で食べたのに、今年は独りで…
来年はまた、二人で食べたいね


No.852 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*4 // PageTop▲

2006.02.15  ファンから万感の想いをこめて <<11:50


遠くて近いヒトがハッピーエンドを迎えたようだ
このりんさんのブログ、特に深い交流はなかったんだけれど
個人的には思い入れがある

昨年の7月にこのFC2にブログを移してしばらくして
目に止まったのがりんさんのブログだった
同じネットから始まった遠距離ということもあり、しばし読みふけったし
何回かコメントも書き入れた

この方の書く文章、リズム感、言葉の選び方が好きで密かにファンでした
全71話の決して多くはないお話だけれど、ネット恋愛から始まった
遠距離ブログとして僕はあこがれを持っていた

「遠くて近い彼が
一番近いヒトとなった。」

そうして迎えたエンディング…
乙彼さま。そしてお幸せに

万感の想いをこめて、りんさんへ



lakiss


No.91 / 恋愛について / Comment*0 // PageTop▲

2006.02.13  愛情を量るもの <<01:36


男性が相手の『愛情を量るもの』として見ている、感じるものって
何でしょうか? そんな質問をされた
考えること数時間…答えが見つからない

100人男性がいれば、恐らく100通りの答えがあると思うから
一概には言えない…そう答えるしかなかった

女性は何回も聞く
「ねぇ愛してる?」って

それは「感情や感覚で物事を判断する」からなのかな?
男はそれを「事実として判断、記憶する」

絶えずそんな思考をしている女性に対し、
男性は恐らく切り取った断片で考えている、そう思う
一度「愛してる」そう言えば、次回否定するまでそれは変わることなく
継続する。そんなものなんだ
何回も何回も聞かれると、くどいと怒る男はこんな思考をしている


メールの量や、重ねた体の回数でもない。態度、しぐさ、
自分を見る表情、目線、一緒にいる時の二人の距離や
気配りの度合いから僕は
「愛されてるかな?」「好意があるのかな」って判断をしている

煙草を買いに出かけるとき、飲みに行くとき
どんな服装をしてるのか、たまにチェックが入る
そんなとき「なんでそんな綺麗な格好していく必要があるの?」
要は他の女性に対して、アピールするようなファッションは
NGだということ
そんな反応を見ると、愛されているんだなって感じる

今の彼女に愛されているのは当然
それを100%疑おうとも思わない

だからといってその気持ちに
あぐらをかくつもりもないんだけれど


No.90 / 恋愛について / Comment*9 // PageTop▲

2006.02.10  ネット恋愛→遠距離恋愛へ[前編] <<12:00


1年前のこの日、この時間帯は高速を160キロくらいで走っていた…
途中の渋滞の遅れを取り戻す為に
いや、早く自分のオンナに逢いたかったから


←and more
No.89 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*10 // PageTop▲

 Home Next>>