FC2ブログ


ネット恋愛のその果てに…
ネットから始まるレンアイ放浪紀。&エッセイ。


*このブログについて


lakiss



*最新のエントリー




カテゴリ


Lastkiss (1)
xx (20)
ネットから始まる恋・終わった恋 (24)
Last Love (6)
ネット恋愛の光と影 (36)
恋愛について (151)
lakissから (18)
足跡はこちらへ (7)
リンクについて (1)
【覚書】メモ (0)
明けても暮れても (2)
紫苑:残り香[05.01~06.09] (53)
紫苑:同棲日記 (38)
ネット恋愛のその果てに[05.01~06.09] (40)
2019,june,Final stage, (6)


トップリンク様




最近のコメント




ありがとう

Tootal/Unique





カレンダー


プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2006年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -




Google フリー検索


WWW検索 ブログ内検索



全記事(数)表示


全タイトルを表示

Youtube音楽PV集




presented by Youtube音楽PV



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
恋愛
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
14位
アクセスランキングを見る>>


2006.04.29  運命の出会いか <<14:18


見ず知らずの人間と関わった時に、自分といくつかの共通の部分を発見すると
その人間に対して親近感や好感を覚える、そしてそれは
メール・MJ・電話や日常的な接触を繰り返すうちにやがて好意に変わる
[ザイアンス]という心理学者もその説を唱えている

1:人間は知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする
2:人間は会えば会うほど好意を持つようになる
3:人間は相手の人間的な側面を知ったとき、より強く相手に好意を
  持つようになる

ネット恋愛やネットでの出会いから始まった二人
遠距離恋愛を始めたカップルが「運命の出会い」という言葉を口にする
そう感じる背景には、恐らく確率の問題があるからなんだと思う

例えば数多くの板、ゲームetc。
同じ市内、県内身近な環境下で出逢うよりも
遙かに膨大な分母から出逢ったからこそ、尚更そう感じるのかもしれない
なぜならそこには希少性という価値もある…

「ネットでの出会い=排他的」という社会的に認知されていない現状や
日常でのありふれた出会いではなく、非日常的な出会いの場だからこそ
余計にそう感じるのだと思う

とはいえ、様々な偶然が重なったからこそ、現在の僕らがあるのも事実
あの日彼女が、普段目にしないあの場にトピを立てなかったら?とか
色々な偶然の積み重ね、それぞれが何か一つでも欠けていたら、
つきあう可能性は限りなく0に近かっただろう…
そう思うと、「運命」とか「必然」みたいな想いや、感傷に浸りたくなる
他のブログ仲間をみても、近々会うというカップルも多いし
それに触発されてか、なんかそろそろ会いたい病が…

随分永いこと彼女に会ってない気がしてた
けれどカレンダーを見ると最後に会ってからまだ37日しか経ってないんだね


No.121 / ネット恋愛の光と影 / Comment*29 // PageTop▲

 Home