FC2ブログ


ネット恋愛のその果てに…
ネットから始まるレンアイ放浪紀。&エッセイ。


*このブログについて


lakiss



*最新のエントリー




カテゴリ


Lastkiss (1)
xx (20)
ネットから始まる恋・終わった恋 (23)
Last Love (7)
ネット恋愛の光と影 (35)
恋愛について (151)
lakissから (17)
足跡はこちらへ (6)
リンクについて (1)
【覚書】メモ (0)
明けても暮れても (3)
紫苑:残り香[05.01~06.09] (53)
紫苑:同棲日記 (38)
ネット恋愛のその果てに[05.01~06.09] (40)
ELi (13)


トップリンク様




最近のコメント




ありがとう

Tootal/Unique





カレンダー


プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2006年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




Google フリー検索


WWW検索 ブログ内検索



全記事(数)表示


全タイトルを表示

Youtube音楽PV集




presented by Youtube音楽PV



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
恋愛
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
19位
アクセスランキングを見る>>


2006.06.01   <<16:05


親とパートナー、両者を同じ土俵で語るのは
確かに酷な話かもしれない
比べるべき問題ではないのかもしれない
でもそれは、恵まれた環境の中にいるから
そう言えるんじゃない?
それが原因で破談になったケースを、僕は何組も見てきた

恋愛の先についてまわる親との関係
そこに結婚という問題が絡むなら
無視することや、先送りすることもできない
避けては通れない話…

双方の親に祝福されて、結婚に至るのがやはり良いと思ってるよ
そこでつまづいたり、解決せずに先に進むとね、歪みができるから
それは何年経っても癒えることのない傷として
例えば本人だったり、親だったりまたは親族の心中にずっと残る

親は子のそんな、つまづいた姿を見ると、
また同じ轍を踏むんじゃないかと思うんだろう

子は子で、「痛い」ってことを経験すると
転ばない方法を、うまく歩ける方法を学習するんだけれどね

僕は10代でも20代でもない
それなりに辛酸をなめて生きてきた
だからこそ思う

「いつまで経っても子供なんだから」
そう思うのは親のエゴだよ


No.133 / 恋愛について / Comment*11 // PageTop▲

 Home