ネット恋愛のその果てに…
ネットから始まるレンアイ放浪紀。&エッセイ。


*このブログについて


lakiss



*最新のエントリー




カテゴリ


葉菜 (28)
xx (20)
Last kiss (2)
ネットから始まる恋・終わった恋 (24)
Last Love (7)
ネット恋愛の光と影 (35)
恋愛について (151)
lakissから (18)
足跡はこちらへ (1)
リンクについて (1)
【覚書】メモ (0)
明けても暮れても (1)
紫苑:残り香[05.01~06.09] (53)
紫苑:同棲日記 (38)
ネット恋愛のその果てに[05.01~06.09] (40)
Noa (2)
Ruka (0)


トップリンク様




最近のコメント




ありがとう

Tootal/Unique





カレンダー


プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2006年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




Google フリー検索


WWW検索 ブログ内検索



全記事(数)表示


全タイトルを表示

Youtube音楽PV集




presented by Youtube音楽PV



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
恋愛
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
16位
アクセスランキングを見る>>


2006.08.30  恋が素敵な理【わけ】由#3 <<17:31


言わなくて分かるコトもあれば、
きちんと話さなければ、伝わらないことや
理解できないことがある。

大人には本音と建て前ってものがあるし、
相手を思うが故に、中々本音が言えない時がある。

心の距離が近ければ近いほど、
こんなコトで悩む。

言葉の一つひとつが、
まるでパズルのピースのように。

相手自身で整理できていない、本当のキモチ。
深い深い所にあるSOS。
それが解ってあげられたのは、きっと
表面上だけじゃない、ドロドロの
本気の恋をしているからなんだって思う。

見た目が、今の状態がどんなに格好悪くてもいいじゃない。
だって僕らはそんな恋がしたかったから…。

近くにいれば、「ぎゅっ」ですむことが
遠距離が故にこじれてしまう。


No.164 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*8 // PageTop▲

2006.08.28  電話 <<16:20


仕事・プライベート用のAUの他に、
電話番号が1件しか登録されていない
willcomがある。
契約後、来月で1年になるこのピッチ。

今までは時間がある限り通話中だった、このピッチ。
1日数時間、休日の時は8時間以上も
通話中だったこのピッチ。

コールされることがないと分かっていても、
つい癖で持ち歩いてしまう。

止まったままの時。
そして時計の針と同じく、身動きできない僕。

きっと真意に気がつかなければ、
あのまま歩き出せていただろうにね。


次の恋を探しに…。


No.163 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*0 // PageTop▲

2006.08.27  恋が素敵な理【わけ】由#2 <<14:13


時を止めた後、僕は自分を曲げた。
今まで守って来たもの。
貫いてきた意地・ポリシーって奴がある。

つまらないことだけど、
理由があって守ってきたものだった。

過去は振り返らない。しがみつかない。
それはすべて断ち切らないと、互いに前に進めないから。
人ってそんなに強くないからね。

中途半端な優しさは、時として残酷な仕打ちになる。
築けるはずの未来を奪い、歩き出すきっかけをも
とめてしまうから。
決して心は戻ることはないのに、復縁の希望を与えかねない。
相手に対して、そして自分にも、そんな幻想を抱かせないために。
終わった後はメアドを変え、電話にも出なかったし
コチラからかけることはなかった。

僕は別れた相手に関する全てのデータを
今までに、例外なく消して来たんだ。


今回初めてそれを破った。
終わった人と、今後も交友関係を続けること。
メアドを変えないしデータも消去せず、
いつかかってくるか分からない電話にも
でることを約束した。

それはね、彼女の真意が分かってしまったから。
口では説明してくれないけれど、
気づいてしまった心の声ってものが
聞こえてしまったから。


それに気がついたとき、僕は涙を抑えられず
独り泣いた。


←and more
No.162 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*3 // PageTop▲

2006.08.27  恋が素敵な理【わけ】由#1 <<05:31


時が止まる。そう告げられた時
正直パニックになった。
確かにそれまでの数日間、
彼女の様子はおかしかった。
けどね、って思ったよ。
なぜなの?って。

それから数日間、僕は苦しんだ。
皮肉にも過去のエントリー「綺麗な恋の終わり方」の通り、
なぜ別れるのか?そのプロセスを、
納得のいく形で自ら消化することなく、
しばらく苦しんだ。

だって分からないんだもの。
話してくれなかったし・・いや
話しても理解できなかったな。

想像以上に奥が、闇が深かったから。


No.161 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*2 // PageTop▲

2006.08.26  忘れ咲き <<04:42


GARNET CROW/作詞:AZUKI七/作曲:中村由利

気づけば懐かしい川原に来てみたり
昨日みた夢の続き想像してたり

あの日少年の君が大人びてみえて
さよならも言えず傘に隠れた
すれ違い もしも… なんてことを
時に 忘れ咲き

愛だとか恋だなんて変わりゆくものじゃなく
ただ君を好き そんな風にずっとね 思ってるような
あてのない 想い抱え ただ人は振り返るもの
巡りあえた景色をそっと 消えぬように とどめてゆく

夕暮れの空とか 風にゆれる木々に
見惚れるふりをしながら幾度過ごした

なるべく傷つけぬよう傷つかぬように
切なさもほらね押し殺せる
愛だと名付ければそれが愛だといえる

何かを求めるとか 形あるものじゃなく
ただ好きでいるそんな風にいれたらいいなって思う



←and more
No.160 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*3 // PageTop▲

2006.08.25  キモチ <<14:52


相手にの嫌な部分をたくさん探す
羅列しようと思えば、出てくる問題。
それで嫌いになれればいい。

けれども、嫌いってことよりも
別れる方が辛いと感じた場合、
人は我慢するんだね。

反対にその気持ちが反転した場合、
人は別れを選択する。


No.159 / 恋愛について // PageTop▲

2006.08.25  追憶 <<05:32


出逢ってからの記憶、そして記録・・。
そのほとんどが残っているケースは珍しい。
かつて付き合った中で、こんなにも
想い出が残ってるケースは僕の記憶にない。

出逢った掲示板の全ログデータ。
交わしたMJのログデータ。
交わしたメールの受信データ。

そして二人の交換日記と、彼女のブログに、ココ。
プリクラに、デジカメのデータ。
カラオケの音声と、動画メール…。
交換したプレゼントに、
買ったりレンタルしたCDのデータ。

二人で生きた証が、生のデータが
想い出が散財する。

CDに落とせるものだけで3GB以上
軽く4枚はいるね。


No.158 / 恋愛について // PageTop▲

2006.08.25  Last GIG[ネット恋愛から始まった恋・そして…] <<04:31


これから先、もしも
このブログにコメント記入欄があったり、
僕のメアドや、MJのアドが記載されていたら
どうか気軽に話しかけて。笑い飛ばして。

きっとその時は、この物語が本当に終わる時だから。
そして、この話の続きが二度と語られることはない。
彼女の名前が記載されることは、もうないんだ。
そう理解して欲しい。

彼女は二度と戻らない。
彼女のブログが二度と開けられることはない。

だから彼女とリンクしていただいてる方は
その時が来たら、そっと外しておいてください。


No.157 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] // PageTop▲

2006.08.21  We Will ~あの場所で~ <<21:02


「貴方とは、住んでる場所が違うから、
別れたあとも遠いから、簡単に会えないし何よりも、
今までと違って偶然街で会うことも、見かけることもない…。
だから、このまま終わりにしよう」



←and more
No.867 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] // PageTop▲

2006.08.21  ネット恋愛考察#5[見える会話内容] <<20:26


ネットから始まる恋愛にはそれぞれ
メリット・デメリットがつきまとう。
なかでも最大のデメリットは、会話の内容が
だれに対しても筒抜けってところ。
その性格上、検索方法をかえれば一発で分かる。

文章の書き方の癖、出入りする板。SNS。そしてブログ…。
例え名前を変えても見つかることもある。
そしてそれが在らぬ憶測や誤解を呼び、
トラブルの元になることもある。

相方がネットに対して、同じ位の知識があれば尚更。
これは教訓になった。


No.156 / ネット恋愛の光と影 / Comment*0 // PageTop▲

 Home Next>>