FC2ブログ


ネット恋愛のその果てに…
ネットから始まるレンアイ放浪紀。&エッセイ。


*このブログについて


lakiss



*最新のエントリー




カテゴリ


Lastkiss (1)
xx (20)
ネットから始まる恋・終わった恋 (24)
Last Love (6)
ネット恋愛の光と影 (36)
恋愛について (151)
lakissから (18)
足跡はこちらへ (7)
リンクについて (1)
【覚書】メモ (0)
明けても暮れても (2)
紫苑:残り香[05.01~06.09] (53)
紫苑:同棲日記 (38)
ネット恋愛のその果てに[05.01~06.09] (40)
2019,june,Final stage, (6)


トップリンク様




最近のコメント




ありがとう

Tootal/Unique





カレンダー


プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2006年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Google フリー検索


WWW検索 ブログ内検索



全記事(数)表示


全タイトルを表示

Youtube音楽PV集




presented by Youtube音楽PV



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
恋愛
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
14位
アクセスランキングを見る>>


2006.09.16  恋のカタチ <<04:08


10代の頃は、何も考えず、ただ走るだけだった。
当たって砕けても、次に進めた。

大人びた恋に憧れ、バブル全盛の頃の20代。
話すコトも、聞くこともあまりせず
束縛を嫌い、干渉を嫌った20代の自由恋愛。

30代の恋は、しがらみだらけ。
恋と愛との間には、二人だけでは越えられない壁や、
老人たちの思惑が絡む。

流れる雲のように絶えずカタチを変える恋。
恋は生き物だから、栄養を与えることも
休むことも必要なのかな。

世の中二人だけだったら、こんなに悩むコトも
傷つくこともなかったんだって痛く思う。

命の灯が消えかかる年代に入る親。
思春期の子連れの恋…。
想っていればいいのが、目の前にいる人だけならば、
歩む道は平坦なんだ。けれども、それ以外に
思わなくてはならない人が、沢山いるから…。

自らの望みや、幸せを後回しにしてもなお、
足りない愛情が必要な時、人って自らを悪役にするんだね。

それを美談だと感じる必要はないけれど、
そんな感傷に浸ってる時間は、僕らには
ないのかも知れないけれど。

そんな二人の状況を見て、もしも女々しいだの
潔くないなどと、画一的な物の見方しかできない人がいるのなら、
ココロが枯れているんだねって、むしろ同情するよ。


本気の恋をしたことがないんだ?


No.173 / 恋愛について / Comment*6 // PageTop▲

 Home