ネット恋愛のその果てに…
ネットから始まるレンアイ放浪紀。&エッセイ。


*このブログについて


lakiss



*最新のエントリー




カテゴリ


葉菜 (28)
xx (20)
Last kiss (2)
ネットから始まる恋・終わった恋 (24)
Last Love (7)
ネット恋愛の光と影 (35)
恋愛について (151)
lakissから (18)
足跡はこちらへ (1)
リンクについて (1)
【覚書】メモ (0)
明けても暮れても (1)
紫苑:残り香[05.01~06.09] (53)
紫苑:同棲日記 (38)
ネット恋愛のその果てに[05.01~06.09] (40)
Noa (2)
Ruka (0)


トップリンク様




最近のコメント




ありがとう

Tootal/Unique





カレンダー


プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2006年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




Google フリー検索


WWW検索 ブログ内検索



全記事(数)表示


全タイトルを表示

Youtube音楽PV集




presented by Youtube音楽PV



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
恋愛
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
16位
アクセスランキングを見る>>


2006.10.31  東京タワー*2 <<00:09


本当はこの話し、しないつもりだった。
僕の胸の中に、そっと
しまい込んでおくつもりだった。

嘘をつくなら最後まで騙してと。
マエカノには、そんな風に言われてたから。


←and more
No.190 / ネットから始まる恋・終わった恋 // PageTop▲

2006.10.29  そして見上げれば <<19:16


痛い想い出だけが残った。

今朝方、着払いで届いた数箱の段ボール。
sionの家にあった、僕の荷物……。
その全てを着払いでいきなりって、どうなんだ?
人として。

肝心な物は同胞されていない、未完成な状態。
愛情が薄れるには十分な材料が詰め込まれていた。

それでもそのことに関する記述を消さないのは、
このブログが今日も存在するのは、
自らが生きた証しを否定したくないからなんだろうな。


あの時々思ったことや、感じたこと。見ていたもの。
それが真実か虚像だったのかなんて、どうでもいい。
遡って訂正したり、削除する労力はないから。


No.869 / 紫苑:残り香[05.01~06.09] / Comment*0 // PageTop▲

2006.10.27  東京タワー*1 <<10:33


地元の板で遊んでいた当時、
東京タワーという、映画の話題で
盛り上がっていた時があった。

「映画、一緒に見に行く人いないかな?」
ついそんな話をした。
現地集合、現地解散。そんな条件でね。

この映画は、男同士で観に行くのには抵抗があったし
かといって独りで観に行くのにもね…。

流れる、そう思っていたところ
一人の女性が反応した。
しばらくするとオフメが入り、数分間適当に話した。
話してるうちに、素の部分が出てきて
気がつけばこんな口調で話してた。

板とは違う雰囲気だったせいかな?
彼女は、誰?って聞いてきた。
どこかで読んだ気がするって。

僕は口が滑り、自分の正体(メインのID)をばらした。
名前を冠したトピもあるし、知ってるかも知れないけれど
そんなHNを使ってるって話をね、彼女にした。

良かったら、板にも遊びにおいで。そんな風に告げた。

しばらくして彼女は、僕がトピ主を務める板に来た。
名を雪那と名乗り、そしてそこには後に
ネット上でつきあいはじめる、紫苑も顔を出すことになる。


No.189 / ネットから始まる恋・終わった恋 // PageTop▲

2006.10.26  マエカノの存在 <<04:26


元カノの存在って、気になるのかな?
だって、過去の話でしょ?
誰がどう見たって終わってるし、
僕は振られた側なんだ。

だからこの先、元に戻るわけもない。

だから気にするコトはないのに。

何よりも今、僕の目の前にいるのは君なんだし。
そう思って、例の件をエントリーしようとしたんだ。
謝らなくてはならないのは、紫苑でも和希でもない。
もう一人の女性。

そのことをココへ書き残しておかないと、
僕の中で終わらないんだ。完結しないんだ。
過去の1年半がね。

だから書こうと思ったんだ。
今まで語ることのなかった存在。

雪那って女性について…。


No.195 / 恋愛について / Comment*0 // PageTop▲

2006.10.25  趣味:レンアイ <<09:15


そういえば、別館のタイトルを変えました。
いち早く反応があったのは、元カノ。
と言ってもメールでね、「変えたんだ?」って内容だけど。

以前は「Last love song」ってタイトルをつけていた。
だって、その頃はこれが最後の恋。って思っていたから。
今は互いに別々の道を歩み始めた訳だし、
過去のコトになってしまったから、タイトルも変えてしまった。

たぶん僕は、これからも
目の前の存在と、恋をし続けるだろう。
してないと生きていけない、そんな生き物だから。

趣味:レンアイ
その時々の情景を切り取って、
今後もココや別館へ書き綴っていくよ。


No.188 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*4 // PageTop▲

2006.10.20  Dear My Friends <<07:54


彼から着信があったんだ。
もしかしたら、今日終わってしまうかもしれない。
そんな鍵コメが、今の関係の発端だったような気がする。

話が長くなるかもしれないからと、
MSNやYahoo!メッセではなく
skypeでの会話を提案したんだ。

俺、声には自信があったし、癒してやれるとか
落ち着かせてやれる。そんな自信があったから。

けれど和希がskypeをDLした後、
思い過ごしでした。ってメールが来て
結局skpeで話すことは、しばらくなかった。

俺もね、ダメかも知れない。そんなメールを彼女に
打ったあとだったから、何となくそれが、
声をかけたのが、変に誤解されていやしないかと、
気まずく感じてたんだ。だから和希がインする度に
俺はログイン状態を隠したし、MSNも
和希からはコチラの状況が見えないようにアク禁にしてた。

和希も俺がインする度に、姿を隠してたように見えたんだ。
すれ違いばかりの日々だったね。最初の頃は。

会話もメールもそっけなかったし。
自分のもつ内面の弱さを、悟られたくなかったんだな。
和希にだけは。だってlakissってそんなキャラだから。

今思うと、大人としての変なプライドや、
価値観が邪魔をしてたのかな。
俺はこんな人間でなきゃいけない。
そう思いこんでいたんだね。


No.226 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*0 // PageTop▲

2006.10.18  忙しい・・ <<14:52


朝まで徹夜で仕事していて、しばし仮眠を。
と思ったら電話やメールでほとんど眠れず。
プレゼンが終わって、当分休めるかと思っていた
案件も追加オーダーが知らずに入ってるし…。

そんな訳で3日ほど貫徹が確定(*- -)(*_ _)ペコッ
世の中の男性は、忙しければ彼女への連絡は後回し、
なんて方が多いみたいだけれど、
僕は恋愛やら、彼女の存在に依存してるから。
連絡頻度は逆に増える。
ま、現実逃避っす ( ̄(エ) ̄|||

そんなんでもやる気が出たり、
乗り越えられるならね、いいんじゃない。
正直いま隣にいるなら、一瞬でもいいから、もたれかかりたい…
それほど疲れていたりして。

心当たりのある方、コレ読んだら電話するように♪


No.185 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*2 // PageTop▲

2006.10.15  出会いの場 <<18:06


出会いがwebでなかったら、正直
ココまでの感情は生まれなかったかも。
そう話す和希は確かに人見知りが激しい。

最初にMSNで話した時は、会話がまるっきり
繋がらなかったし、たぶん二度と話すことはないだろう。
僕はそう感じたから。

投げたボールを投げ返さない、そんな人との
コミュニケーションは僕も苦手。

感じたコト、思ったことは、隠さず遠慮せず
我慢しないで僕にぶつけていい。
それを決して重いとか、うざいなんて思わない。
全部受け止めてやるから、遠慮しなくていいんだよ。
そう話すまで、彼女はどこか恋愛に対してクールだった。

二人の出会いの場がリアルだったら?
そうだね、きっと一瞬でも交わることなく
すれ違っていたかもね。

好きという感情を抱くことなく…。


No.184 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*4 // PageTop▲

2006.10.13  ウェブ恋愛 <<16:49


そんな本を読んでいたら気が滅入った。
和希のブログにそう書かれていた。

そしたらなんだか、あたしは邪魔な存在なのかな、
なんて考えてしまったの。
もし、私がいなければ、紫苑さんとも
やり直しやすいんじゃないかとか
いろいろ考えちゃった。


そんな話を聞いて、ココを手つかずのまま
大事に保存していたから、そう感じたのかな?って。

確かに紫苑との想い出が深いからという理由で、
新規のエントリーをして来なかったのも事実。
けれどね…

いま僕が好きなのは、君。
いま僕が恋をしてるのは君。
いま僕が何よりも大切に、
愛おしく想っているのは君なんだよ。


やっぱり私の中でも二人は憧れる
素敵なカップルだから。


ならば今後、僕ら二人が君自身にとって
憧れのカップルになればいいじゃない?


No.181 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*5 // PageTop▲

2006.10.12  近況報告 <<17:41


気がつけば朝晩すっかり涼しい。
そんな季節に突入。

で、最近の僕はと言えば
相変わらずフラフラしてます。
根が猫科なのか、気の向くまま定住することなく
彷徨ってる、そんな感じ。
いやまぢに誘惑に弱いんで、心当たりのある方は
ちゃんと僕という猛獣を飼い慣らすようにね。

好きとか、愛してるとか
言葉にはできるけれど、果たしてそれって
現実に起きていることなのか
それとも夢の中のできごとなのか
その判断さえ、できかねない恋を今現在してる最中。

もしそれが終わったら、
またココへ書きつづる予定。
その前に書き留めておきたいコトも
何件かあるし…。


No.180 / 恋愛について / Comment*3 // PageTop▲

 Home Next>>