FC2ブログ


ネット恋愛のその果てに…
ネットから始まるレンアイ放浪紀。&エッセイ。


*このブログについて


lakiss



*最新のエントリー




カテゴリ


Lastkiss (1)
xx (20)
ネットから始まる恋・終わった恋 (24)
Last Love (6)
ネット恋愛の光と影 (36)
恋愛について (151)
lakissから (18)
足跡はこちらへ (7)
リンクについて (1)
【覚書】メモ (0)
明けても暮れても (2)
紫苑:残り香[05.01~06.09] (53)
紫苑:同棲日記 (38)
ネット恋愛のその果てに[05.01~06.09] (40)
2019,june,Final stage, (6)


トップリンク様




最近のコメント




ありがとう

Tootal/Unique





カレンダー


プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2006年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




Google フリー検索


WWW検索 ブログ内検索



全記事(数)表示


全タイトルを表示

Youtube音楽PV集




presented by Youtube音楽PV



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
恋愛
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
14位
アクセスランキングを見る>>


2006.11.12  東京タワー*5 <<00:19


雪那とは家が近かったせいか、
「仕事終わったから、これから会わない?」
そんな電話がかかってきた。

恋愛感情があったのか、なかったのか。
今となっては定かではないし、確認しようにも
一切のデータが残ってない。

ただ会う度に。僕らは体を重ね、互いを求めた。
ファミレスで待ち合わせをし、軽い食事をとり
お城のような建築物の、その一角の部屋で汗を流した。

会話なんてほとんどなかった。
ただそれだけで時が過ぎていく。
積み重ねてあるタオルの数だけ、それが無造作に
再びたたまれる度に、何かが満たされていくような、
そんな錯覚をしてた。

きっと寂しかったんだ。
乾いていたのは、唇でもなく、喉でもない、
僕の心と躰。

バーチャルで、満たされているはずのココロに対して、
オトコとしての自我が追いついていかない。
そんな状態だったのかもしれない。

早く雪が融ければいい。そんなことを思いながら
雪那に対するキモチに、ブレーキをかけ続けた。
このコトが発覚すれば、やがて二人とも。いや全てを失うだろう。
そんな予感もしてた。


たぶんカノジョは、気がついていた。
だからこそ、あんなにもネット上の交流や、リンク。
日常の些細な関わりに、口を出してきたんだ。
と、今だからね、そう思えるんだ。




No.193 / ネットから始まる恋・終わった恋 // PageTop▲

 Home