ネット恋愛のその果てに…
ネットから始まるレンアイ放浪紀。&エッセイ。


*このブログについて


lakiss



*最新のエントリー




カテゴリ


葉菜 (28)
xx (20)
Last kiss (2)
ネットから始まる恋・終わった恋 (24)
Last Love (7)
ネット恋愛の光と影 (35)
恋愛について (151)
lakissから (18)
足跡はこちらへ (1)
リンクについて (1)
【覚書】メモ (0)
明けても暮れても (1)
紫苑:残り香[05.01~06.09] (53)
紫苑:同棲日記 (38)
ネット恋愛のその果てに[05.01~06.09] (40)
Noa (2)
Ruka (0)


トップリンク様




最近のコメント




ありがとう

Tootal/Unique





カレンダー


プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2007年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Google フリー検索


WWW検索 ブログ内検索



全記事(数)表示


全タイトルを表示

Youtube音楽PV集




presented by Youtube音楽PV



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
恋愛
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
16位
アクセスランキングを見る>>


2007.01.29  いつか見た夢… <<14:10


昨年の8月にsionと終わりになって、
そのあと出会った少女がいた。

たった1ヶ月ほどの期間だったけれど
それが真実なのか夢なのか、今となってはすでに分からないけれど、
確かに僕は恋をしていた。

終わった後、すべてを無かったことにしたくて
それを認めたくない自分がいて、
彼女とのコトを綴ったブログや、彼女の存在、
痕跡さえも消してしまった。

なぜこんな心境になったのかな。
彼女の存在をココへ記したい。残しておきたい。そう思った。

それはきっと、久々に彼女の幸せそうな日記を読んで
心が暖かくなったから。
彼女が僕の存在を、否定しなかったのと
先回の恋も今回も同じアバンチュール?
そんな風に誰かに言われて、何となく腹立たしく感じたから。

だから改めて書き残そうと思った。
かつてココの読者で、sionと僕の行く末を見守ろうとしていた一人。
佳き理解者で、新しい価値観を僕に残してくれた、少女の話を。

少女の名は、和希…いつか見た夢の中の存在し、
僕が恋をした、純粋なネット上の彼女だった人。

mixiのマイミクの中で、イマカノとマエカノ。
二人が存在している、そんな状況。


No.257 / ネットから始まる恋・終わった恋 / Comment*4 // PageTop▲

2007.01.16   <<14:32


「ありがとう」
すべての出逢いに感謝
この気持ちが今必要だと思う


そんな話をする方がいるけどね、
僕はそうは思えないな。

不毛な出逢いや、不幸な出逢い。
そんなものだって少なからずあるよ。


ブログ公開しないほうがいい
ブログのために恋してるの?
ブログ書くための恋なの?


最初の1行目は脅迫なのかな?
後の行には答える義務はないでしょ?

僕に二度と関わらない。そう約束されましたよね?
次回、接触されたらIPアドなど
知りうる限りの個人情報を公開させていただきます。
僕以外の被害者が出さないためにね。


相手を慈しみなさい。。。
慈愛で包み込みなさい。。

見ず知らずのあなたから、
そうやって、上から物を見るような言い方されるのはね
なんだか気分悪いな。

僕にお説教…あなたは何様ですか?
一度は許したんだ。
けれど、次はないから。


以後ココへは立ち入らぬようね。


No.250 / 恋愛について / Comment*0 // PageTop▲

2007.01.15  mixiから始まる恋 <<10:05


昨年のコトなんだけど、

「今、付き合ってる方も、ない方も、自分の彼氏・彼女が、
mixiをすることは、なんとも思いませんか?
彼氏、彼女がいる人は、自分がmixiやってることを
付き合ってる人は、知っていますか?」

招待制のSNS…mixi。その中のコミュニティーで
そんな問いかけがあった。

mixiの良いところは、IPアドを知られることなく、
気軽にメールのやりとりができたり。
マイミク(友人になること)して、コメントのやりとりしたり、
友人限定の日記を読めたり、
オフ会に参加したりするうちに、さらに仲良くなったり。
出逢いの場として利用できる可能性は十分ある。
参加コミュや、日記、プロフを読めば、
その人の人となりは大体想像できるしね。

だから、相方がmixiをするのは「嫌だ」っていう意見が大多数だった。
出逢いなんて、どこに転がっているかわかんないからね。
mixi内での出逢い。それはある意味、
バーチャルな合コン会場にいる。そう思えば
リアルで探すより、効率が良かったりするのかも知れない。


なぁんてエントリーを、昨年11月にしたまま、
日の目を見ることなく、長らく放置してた。

現在の自分を客観的に見ると、まじで人の縁なんて
何処でどう繋がるか予測できたものじゃない。
出逢い目的で始めた訳じゃないmixi。
けれど、ココがなければ深空とも会ってなかった現実もある。

ちなみに僕の答えは両方ともYes。
今さら辞めて欲しいとか、嫌って感覚はないんだよね。
人との出逢いは、かけがえの財産。
ならばその可能性を奪う権利なんて、誰にもないと思うんだ。
人の繋がりが、人を呼ぶ。

だからこれからも、些細な縁を
大事にして行きたいなって思うんだ。


No.248 / 恋愛について / Comment*4 // PageTop▲

2007.01.02  deepblueの君へ <<14:24


偶然なんてものは、多分なくて
すべてが必然的に起きているとすれば・・・
それは、避けては通れないもの。
避けてるつもりはなくても、向こうから関わろうと
するものなのかも知れない。


そうだね、振り回してしまったかも知れない。
僕の曖昧さが故にね、たぶん傷つけてしまったよね。
…ごめん。

deepには、「深い」のほかに(色が)濃いという意味も…
他にもね。[遠い昔の、遠く離れた][深く、ふけって]
なんて意味もある。

低彩度・低明度の蒼色の名前を持つ君へ。
別に封印なんてしなくていいんだよ。
確かに思いは69したけどね。

君は僕の鍵のひとつだった。
新しい価値観と、古き言の葉や、言葉遊びの楽しさを。
想いだけでは、文字の関わりだけでは、
生きてはいけないってことを、教えてくれたひと。

if・・距離がなかったら?僕らの関係もまた
変わっていたのかもしれないね。

lakiss とdeepblueのデアイ・・・。
出会った瞬間から、別れに向かっている。


彗星のように近くにみえた時は、綺麗な尾をみせてくれたよね。
それでも瞬間、想いだけは重なったんだ。

ありがとお。
これからも友人として、その存在を示してください。

鍵をなくしてレス付けられなかったから
ここから失礼するね。


lakiss


No.236 / ネットから始まる恋・終わった恋 // PageTop▲

2007.01.01  レスに代えて… <<23:03


ネット恋愛に関する僕の過去の考えはココ に、一通り記述してありますので、
お時間がありましたら参考までにご覧になってください。
あと、渋井哲也氏の「ウェブ恋愛」という書籍も参考になるかと思います。

さて、ご質問の
「ラキスさんにとって恋愛というのはネットのみなんでしょうか?」
の件ですが、そこだけではないです。(次いで多いのは、夜の街ですが)

※これ、出会いの場という意味でね。
純粋なネット上でのみ成立する恋愛は、もう無理です。

micさんのおっしゃる「普通の一般的な日常」の中で、生活を営んでいれば
それも可能だし、自然な流れなんだと思いますけど。

残念ながら僕は学生でもないし、リーマンでもない。
かといって友人に紹介を頼んでまで、異性と繋がっていたいとも思わないし、
正直紹介が可能な友人を数多く、持ち得てもいない。そんな状況です。

そして、より多く過ごしてる、または遊んでいる
フィールドでの出逢いが多いのは、ある意味当然なのかなとも思います。

つまり普段遊んだり、生活のメインの場所が学校ならば、学校で。
会社関係ならば会社で。mixiや、ゲームの世界。
それぞれのフィールドでの出逢う可能性が、多くなるということ。

現在、僕の生活の拠点はある意味ネットなので、
ココでの出逢いの多さは、必然なのかも知れない。

>何故わざわざ遠距離や年齢差というリスクを背負ってまで
ネット恋愛をしたいと思うのでしょうか?
・・う~ん、わざわざ求めたコトは正直ないし、したいとか
そんな表記もしてないつもりですが…。

ココのエントリーを全てお読みいただければ、ご理解いただけると思いますが
恋愛したいと思って、ネットで遊んでいるわけでもないし、
出会い系サイトへ登録するなど、自発的に出会いを求めた訳でもないから。

結果的にココで綴っている事象が、ネットでの出会いに限定してるせいかな?
出会った場所がたまたまネットだった。それだけです。
(ネットに関する出会い以外は、意図的に綴っていませんから)


それとね、会いたい時に会える距離にいる人が、必ずしも
恋愛対象として見たときにベストなんでしょうか?。
実際の距離感=心の距離感とは、僕は思えないので…。

遠距離ではないコト。外見を知らないというリスク以外は
ネット・リアル、どちらも同じではないですか?
もっとも最近は、ウェブカメラの普及で早い段階から、
互いの姿を確認できる環境になりましたけど。

人が人を好きになるプロセスは、厳密に言えば人それぞれですけれど、
僕は最終的に性格とか、価値観などで決めるので
最初にそんな、パーソナルな部分が見えた方がいいかなと思うから。

会いたいときに会えない距離にいることで
逆に育まれる感情もあるし、
親密さや、信頼感などが増していくケースもね、
当然あるでしょう。


No.235 / ネット恋愛の光と影 / Comment*4 // PageTop▲

2007.01.01  あけおめ <<00:00


昨年は、沢山の方にご訪問いただきまして、
本当にありがとうございました。
稚拙なブログですが、本年も気分次第で、マターリ
更新していくので、よろしくお願いします。

それからココを訪れる、すべての方にとって、
今年が佳き年となりますように、
心からお祈り申し上げます。

波乱に満ち、色んな別れと、出会いがあった昨年。

さてと、今年はどんな年にしようかな…
とりあえず、稔った縁を大切に、育てて行けたらいいな。
なぁんてね…、思ってます。


←and more
No.229 / 恋愛について / Comment*13 // PageTop▲

 Home